知らないのは勿体ない!99%成功するダイエット方法

ダイエットには99%成功する“王道”がある

ダイエットの王道

 

健康ブーム真っ盛りなこの時代、様々なダイエットが現れては消え、現れては消えています。

 

私はその度に真偽不明の怪しい情報に振り回されて右往左するわけですが(笑)、そんな時こそダイエットの王道に立ち戻ることが大事なのかな〜なんて思います。

 

そこで、ここでは知ってそうで意外と知らない99%成功するダイエット方法をご紹介します。

 

 

カギは基礎代謝にあり

 

痩せている人と太っている人の一番の違い・・・それは基礎代謝にあります。

 

基礎代謝とは、呼吸や心臓の脈拍、体温の維持といった何もしていなくても生きていく上で勝手に消費されるエネルギーのことです。

 

 

人間が消費するエネルギーのうち、70%は基礎代謝で消費されます。

 

つまり、どれだけ運動を頑張ってカロリーを燃やしたところで、結局それは残り30%の話でしかないわけです。

 

 

ここで分かりやすい例を挙げます。

 

20代と50代の基礎代謝の比較

 

もしこのような二人がいたら、理屈の上ではニートの方がスリムな体をしていることになります。

 

頑張っている人間が報われず、食っちゃ寝しているだけのニートの方が痩せているだなんてなんて残酷なんだ!と思われるでしょう。

 

でも、悲しいかな、これが現実です。

 

 

中高年の人ならは若かった頃の自分と現在の自分を比較すればこの例も納得できる部分があるのではないでしょうか。

 

若い頃(20代まで)はどれだけ暴飲暴食して自堕落な生活を送っていても痩せていた。

 

なのに中高年になってからは食べた分がそのまま体重に加算され、運動をしても一考に贅肉が落ちない・・・

 

多くの人が経験するこの出来事は、まさに基礎代謝がどれだけ体型におけるウェイトを占めているか如実に示していますね。

 

 

 

このように、基礎代謝の良し悪しは体型にモロに出ます。

 

基礎代謝がいつまでも良い人は、中高年になっても若い頃と同じように何も意識せずともスリムな体系を維持できます。

 

逆に、基礎代謝が下がった人はカロリーが中々燃焼されないので、ダイエットや食事制限をしないとあっという間に肥満体になってしまいます。(私のことです。。。)

 

 

(※ダイエットの話題になると必ず基礎代謝というワードが出てきますが、それは基礎代謝がダイエットとは切っても切れない関係にあったからなんですね。)

 

 

筋肉をつけることがダイエット成功の秘訣

腹筋

 

さて、基礎代謝の良し悪しが痩せるか太るか運命の分かれ道であることは分かりました。

 

しかし疑問が残ります。 それは・・・

 

  1. 基礎代謝の良い人と悪い人の違いは何なのか?
  2. 加齢によって低下する基礎代謝はどうすれば上げることができるのか?

 

という点です。

 

ズバリ その答えは筋肉の量にあります。

 

筋肉は体の組織の中でも一番エネルギーを消費する部位なので、筋肉の量が多ければ基礎代謝も高くなって自然とスリムな体を維持できるようになります。

 

 

そんな筋肉量を増やすポイントは二つ。

 

  1. 筋トレをはじめとした無酸素運動を頑張る
  2. 筋肉を構成するたんぱく質(アミノ酸)を意識的に摂取する

 

1番目は当たり前すぎる話なので今更確認するまでもありませんが、大事なのがアミノ酸の摂取です。

 

 

筋肉量の増加を自宅の増築に例えるなら、筋トレは建築会社の作業員、アミノ酸は増築に欠かせない建築資材にあたります。

 

リフォーム

 

いくら筋トレを頑張って(作業員が頑張って)も、アミノ酸(建築資材)が無ければ筋肉量の増加(自宅の増築)も叶いません。

 

 

(近年の研究で、女性は男性よりもダイエットに失敗する確率が高いことが分かっています。が、それは筋トレと同時に食事制限も頑張りすぎて、筋肉を増やすのに必要なアミノ酸が不足して筋肉量が増やそうにも増やせないからだと言われています。)

 

 

ですからダイエットを成功させたかったら筋トレはもちろんのこと、普段の食事はアミノ酸をたっぷり含んだ食べ物を意識的に摂ることが肝心です。

 

ダイエット成功の方程式

無酸素運動+アミノ酸=筋肉量の増加→基礎代謝の向上→痩せの実現!


 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 三段腹を解消した私のダイエット方法|TOP