管理人について

自己紹介

 

管理人画像

 

こんにちは。当サイトにお越し頂き、ありがとうございます。

 

管理人の吉村といいます。

 

ここでは簡単に私の説明を兼ねた自己紹介をしたいと思います。

 

 

私は兵庫在住の建築関連会社で働くアラフィフ親父で、家族は妻と子ども三人(中学生・小学生・小学生)です。

 

趣味は野球で、自分がプレーするのも好きですが、子どもたちの指導も大好き。そんなわけで土日は草野球のOBも務めています。

 

 

野球ボール

 

 

さて、そんな私が抱えていた問題が当サイトのテーマでもある三段腹です。

 

 

私は30代まで仕事でバリバリ現場に出ていたのでガツガツご飯を食べていました。

 

それでも当時の私が太らなかったのは、それだけ仕事がハードだったのに加えて、基礎代謝良かったことがあげられます。

 

休日の野球も今よりももっとハードにやってましたからね。

 

 

迎えた40代 〜キッカケは仕事の配置転換〜

 

しかし、40代に入ると体力の衰えもあって現場に出るこが段々と減り、座りっぱなしの事務作業が増えてきたのですが・・・食事量はそう簡単には減らせませんでした。

 

なんせ大盛りご飯は学生時代から20年以上続けてきた習慣

 

仕事がラクになったので食べる量を減らしましょう、と突然言われても「ハイ分かりました」とすぐに切り替えられるものではありません。

 

大盛りのご飯

 

そんなわけでスリムな体はあっという間によくあるオジサン体型に。しかもちょっと目を離したらあっという間に三段腹へ。

 

 

これだけならまだマシだったのですが、運が悪かったのは草野球のチーム内で年をとるにつれて太っていったのが私しかいなかったこと。

 

 

普通、ある程度の年齢になってくれば人間多かれ少なかれお腹まわりに肉がついてくるものですが、なぜか私が所属する草野球チームのメンバーにはそれが起きませんでした。

 

これは自分のお腹が三段腹になってるのを知ってしまったときよりショックでしたね。

 

私はもう10年以上そのチームに所属していますが、毎年の集合写真を見ると私だけブクブク太っているのが面白いほどハッキリ分かりました。

 

仲間内からそのことで弄られるだけならまだしも、一番太っていた時期は指導していた草野球チームの子どもたちも「スゲー!スゲー!」とはしゃぎながら私のお腹を触ってくる始末。

 

そこまできて、私もこれではいけないと一念発起。三段腹解消に向けて重い腰を上げようと決意したわけです。

 

このサイトではそんな子どもたちから「スゲー!スゲー!」と言われた(苦笑)三段腹を解消した私の体験談をご紹介します。

 

今、自分のお腹まわりの贅肉に悩まされていて、どうしたもんかと頭を抱えている人の参考になれば幸いです。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 三段腹を解消した私のダイエット方法|TOP