1. ホーム
  2. 脂肪の話
  3. ≫三段腹の体験談

三段腹の体験談

1.結婚後、気付いたら三段腹に(A・Tさん 30代女性)

よく結婚した後にぶくぶく太りだすという話を聞いてはいたのですが、まさか自分がそのようになるとは思っていませんでした。

私自身は子どもの頃からポッチャリ体型でしたが、お腹はかろうじて二段腹。

平均よりは太目でしたが、学生時代から運動が大好きで社会人になっても週1~3程度は、ジムに通ってエアロビクスや水泳など、割とハードなものを楽しんでいました。

ジムで知り合った男性と恋人になり、同棲を3年半続けた後、結婚しました。

お互いにスポーツが好きなので、結婚後も家族会員としてジムに通っていました。

主人の実家の父母が農業をしていましたが、年を取ったためか義父が気弱になり、作業を手伝って欲しいと主人に電話で泣きついてきたのがきっかけで、私たちは思い切って首都圏のマンションを引き払って、田舎の両親と一緒に暮らす事にしました。

田舎で農作業をする生活に

私は農家で生まれ育ったので、あまり農作業には抵抗がなかったのです。

自分たちの老後のこともあるだろうし、実家なら家賃もかからないし、のんびりできるだろうと安易に考えていました。

入籍やご近所へのご挨拶などのもろもろの行事が済み、両親の仕事を手伝う毎日が始まりました。

家ではお米と、ハウス栽培のきゅうりを作っていました。他にも畑でいろいろ作っていましたが、出荷をして現金収入にするきゅうりが一番大事なお仕事ですので、まずは簡単な箱詰め作業を手伝いました。

2、3日すると、収穫作業も手伝うことになり、私はこれでようやく家族として認められたような気がしました。

農家の生活は、朝早く、日が沈んでもその日の作業が終わるまでは時間に関係なく働きます。

拘束時間が長いし、決まった休みもないので、みんな自分達のペースで適当に休みをとります。

朝、ご飯を食べ、作業をし、10時ごろに休憩しておやつを食べ、お昼には当然お昼ご飯を食べ、作業をし、三時くらいに休憩をしおやつを食べ、日が暮れて、夕ご飯を食べ、家に戻ってテレビでも見ながらお茶をのみ、当然おうけが出て、わりとしょっちゅう近所の人や親類縁者がお酒を飲みに来て、当然おつまみも用意して食べて、風呂に入って、ほっとした後、自分の分のビールを一気飲みし、後は寝るまでぼんやり過ごします。

農作業ですから、当然、汚れてもいい服を着ます。動きやすいように、ゆったりとしたもので、洗濯しやすく、丈夫で長持ちして、汗をかいても快適な素材がベストです。

その辺の着古したジャージなんかが最適で、自宅と畑(ハウス)の往復で、通行人どころか、人口がまばらですから、人目を気にする必要もありません。

気付いた時には三段腹に

そんな毎日ですから、きついガードルや、ズボンのベルトなど、体型の変化を感じ取れるグッズとも疎遠となり、また、事務職時代に気にしていた「日頃の運動不足」も農作業で解消されていると高をくくってしまい、ジムにも足が遠のき・・・・・・いつのまにやら気がついたら三段腹になっていました。

どんどん私が太っていくので、お義母さんからは、「いつ赤ちゃんが生まれるの?」と真顔で聞かれてしまい、気まずい思いをいたしました。

更に、うちは意外と人の出入りが多い上、冠婚葬祭や村の行事、婦人会などの参加も積極的なので、嫁の私も自分の意思とは関係なしに、全イベントに強制参加です。

人が集まると、当然、飲み食いがあり、お酒やビールがあり、おつまみやおまんじゅうなどがあり、あったら食べないと申し訳ない上、まわりの先輩方に「食べなさい、食べなさい」「若いんだから、もっと食べなさい」と寄ってたかって余計なお世話攻撃を受けます。

受け流したり、適当にあしらう技術も持ち合わせていませんので、ついつい断り切れずになんとなく食べて、後で晩御飯で調整しようと思っても、晩御飯になるとさっきのことはすっかり忘れて、しっかり食べてしまいます。

たぶん、お接待の席では気を使って緊張しているから、食べている実感がないから、自宅でほっとした時に、ストレス解消を兼ねて食べてしまうのだと思います。

そんな風に、自己分析はしっかりできているのですが、なかなかうまい対策方法が見つかりません。

しかも、いちど怠け癖や間食癖がつくと、だらだら食べ続けるのが辞められなくなってしまいました。

もはや都会のように常に周りのきれいな女子に刺激を受ける事もないですし、婚活をする必要性もなくなったので、美容に関しては本当に無頓着になってしまいました。おしゃれなど、するだけ無駄という雰囲気です。

今では、ウエストもスポーツクラブ用の靴も行方不明です。

結婚後1年足らずで女としての魅力が全然ない、ゴロゴロしたおばさんになってしまいました。

寝そべっていると飼っている猫が腹の上に載ってきてくつろいだり、主人が胸よりも腹の方が気持ちがいいというので、少しは癒されています。誉められているのか、けなされているのかは、微妙です。

とりあえず猫と主人にはこの三段腹が役に立っているらしいので、まあ、いいかなあ…だんだん女性性が自分から遠ざかっていく気がいたします。

2.高校生なのに三段腹で(S・Iさん 20代女性)

三段腹で一番悩んだのは、私が高校生のときでした。

思春期真っ只中のこの時期は、誰がかわいいやスタイルが良いといった話題で盛り上がるのが女子グループの性です。

私は小さい頃から人よりも太っていたので、立派な三段腹街道を常に突き進んでいました。

中学校の頃も体が大きいことで何度かからかわれたことがありました

しかし、校則の厳しい中学校よりも、比較的緩めの校則である高校の方がスカートの丈が短くなるし、髪型の自由やちょっとしたおしゃれにも気を遣います。

そのため自分の三段腹……もとい、太った体型は私の中では死活問題でした。

三段腹に水泳の授業は・・・

恥ずかしかった場面はいくらでもあります。

一番に思い出すのは、なんといっても水泳の授業です。

スクール水着という、三段腹には拷問にも近い衣装を着る苦痛がありました。細い女の子は本当にきれいに見えるし、三段腹は全力でその存在を周囲に主張してしまう残酷な水着。

プールの中に入っているときはまだ良いのですが、プールサイドに集合して、体操すわりで先生の話を聞く時間は、恥ずかしい以外のなにものでもありません。

きっと大丈夫、見てる人なんかいないよと言い聞かせても、見てる人は見ている現実。近くで「○○ちゃん、足長いよねー」とかいう会話を聞いたりすると、あー終わった私の高校生活。

三段腹のバカヤローと心の中で何度も呟いたのを覚えています。

そして、三段腹にとって地味にきついのが、しゃがむことです。

三段腹はしゃがむのも大変!

お腹が出ていると、しゃがんだときに挟まるお肉が多すぎることもあって、足の裏を全てつけて座ることができません。

がんばってしゃがんでも地面につくのは足の裏の前の方だけで後方の踵は浮いています。この状態の何がキツイかというと、足にかかる負担が半端ないのです。

ただでさえ重たいのに、全身を支える場所が足の前の方しかないので、結局数分しかもちません。

立ちたくても立てない狭い空間で生き残るために、大きな体を少しずつ動かしながら、体重を主にかける足を定期的に変えるか、あきらめて体操すわりをするか、当時の私が思いついた解決法はこの二つだけでした。

そのため、雨が降った後の地面が濡れたグランドで、全校集会が開かれて、色んな長い話を聞くことになった時には、足のつらさをいかに乗り切ることしか考えていませんでした。

発表した人には申し訳ないと思いつつ、話の内容なんてほとんど覚えていません。

その後、成人して就職し、職場のストレスで痩せて三段腹からほぼ卒業した私は、体が軽いことがいかに動きやすくて気持ちのいいものかということを身をもって体験しました。

あのとき、せめて控えめな三段腹になる努力をしていたら、また違った思春期の過ごし方ができたのかなぁと、大人になった今、ふと考えることがあります。

3.産後ダイエットをサボッたせいで(M・Mさん 30代女性)

以前からお腹の贅肉は気になっていましたが、まさか自分のお腹が三段腹になっているなんて思ってもいませんでした。

産後にお腹を引き締める努力をしなかった事、そして増えた体重をそのままにした事を今更後悔しています。

前に旦那から「その腹…・・・」と、ズボンの上に乗っかった私のお腹の贅肉を見て失笑された事がありました。

この時はまだ二段腹、いつもお風呂に入る前に鏡で全身見るようにしていて、立っている姿ではまだ大丈夫とか思っていたけど、座るとポッコリズボンの上に贅肉が乗っかっていました。

さすがに自分でもこんなお腹じゃ女としてもらえないと毎日腹筋をした時もありました。

きつい運動のわりに全く変化がないのですぐに諦めてしまいました。それからは自分のお腹の事は気にせずに生活してきました。

体のラインが目立たないようにとダボっとした服を着るようになると余裕もあるし、着痩せするタイプなのでまだ痩せてる!なんて思って普通に食べたい物を食べていました。

三段腹に気付いたキッカケ

そんな生活を続けていたある日、旦那とケンカして床からさっと立ち上がろうとした時、お腹の肉が邪魔でバランスを崩し後ろにコロンッ!と転げてしまったのです。

それを見た旦那は心配するどころか「ダルマかっ!」といって床を叩きながら爆笑していました。

お腹の肉のせいで転ぶなんて自分でも信じられませんでした。が、お腹の肉のせいで上半身が思うように起き上がらずバランスを崩しこけてしまったのは事実でした。

ショックながらも怒りと恥ずかしさで何も言えずその場から去りましたが、改めて鏡を見ると、ついこないだまで二段腹だったのにいつの間にか三段腹になっていてさらにショックを受けました。

日常生活の中でも様々な支障が

お腹が出ていると日常生活でも不便というか厄介な事があります。

食事の時にお腹のせいでテーブルにあまり近付けず食べ物をこぼしたり、こぼした食べ物は必ずといっていいほどお腹の上に乗っかってお腹を汚します。

また、うちはテーブルと冷蔵庫の位置が近いのですが、扉の反対から何か取ろうした時にお腹が邪魔で扉が全く開かなかったりするんです。

そんな時は自分のお腹がこんなに出てたなんてと未だにビックリしてしまいます。

また電車やバスで優先席付近に立つと、妊婦と思われ席を譲られたりします。そうでなくても譲ろうかと私のお腹をチラチラ見られることも少なくありません。

始めて譲られた時はなんで席を譲られたのか疑問だったのですが、自分のお腹をみて悪い意味で納得。

妊娠さんに席を譲る人の優しさに感動しつつも、「私は妊婦じゃなくただのデブなのに・・・・・・」と情けなくなりました。

それ以来できるだけ優先席付近にはいかないようにしています。

4.相撲取りからランナーへ(H・Tさん 30代男性)

学生在籍中から何度となく就職氷河期と言う言葉を聞かされ実際にリクルートをしてみて氷河期を実感しました。

そこでなりふり構わず内定だけは欲しいと漕ぎ着いた会社はブラック企業・・・ではなくしっかりした就職先でした。

が、終業時間が厄介で、18時から3時という学生時代からは考えられない昼夜逆転の生活を強いられました。

早朝に寝て夕方起き出勤する生活は次第に私から楽しみも人付き合いも奪っていくのでした。

そんな中、私にとって唯一の楽しみは空腹でクタクタになって帰宅してからのシャワー → ビール&朝食の組み合わせでした。

始めは自分へのご褒美として缶ビール1本でしたが酒量は次第に増えロング缶3本を空けるようになり、朝食もおかずが増える訳ではなく白米の食べる量がどんどん増えて行き、2合を一気に完食するのが普通になったのです。

そんな生活ですから体重はみるみる増えて行きます。

しかし現場仕事をして体を動かしているという自負があり体重増加には全く気付きませんでした。

周囲の友人や家族も不規則な生活を憐れんでか指摘はしてくれませんでした。

自分の体型を見てショック

キッカケは中学生時代の友人と泊りがけの旅行をすることになり旅行から帰ってきて数日経った時です。

友人が旅行中の写真をプリントして送ってくれたのです。が、そこに映っていたのは想像していた自分自身の姿とはかけ離れた相撲取りのような体形の自分でした。

その時はショックでお酒と食事の量を減らしましたがそれも長続きはせず。

またダラダラと飲むようになり元の生活に戻りかけた時に悲劇はおきました。

今度は足の踝が痺れはじめ医者にかかると体重増加からくる腰痛にかかってしまったのです。

ダイエットを始めた

このままの生活を続けるとヘルニアになる可能性もあると言う事で私は早速ダイエットを始めました。

まず腰に負担のかからない水泳をするためジムに入会しひたすら泳ぎます。体重は次第に減ってきましたが学生時代までは戻りません。

水泳で2年ほど体を動かし続け飽きが来た時です。それまで気にならなかったジムのトレッドミルをやってみたくなりました。

ジムと言えばウェイトトレーニングとトレッドミルだろうと心のどこかでおもっていたのも後押ししました。

トレッドミルを試して初めは戸惑いましたが、数回すると面白くなってきました。

やがて水泳には参加せずにトレッドみるとマシーンをするようになり体重はより減って行きます。また興味本位でジムではなく外を走ってみましたが、これがまた気持ちいい。

走ることに喜びを覚えた

ジムは退会し近所の公園を走り始め10キロのマラソンレースが職場近くで開催されると聞き試しにエントリーすると練習とは格段に違った楽しさを覚えました。

そうしてシーズンが変わるごとにランニングギアも増え今は年間を通して走っています。念願のフルマラソンも東京マラソンにて完走しMAX82キロあった体重も最近では61キロで推移しています。

毎朝体重計に乗る習慣も付き体重の増減で食事を気を付けたり、逆に飲む機会が多い時期は走る距離を延ばしたりしています。

今にしておもえばあの体重増加や腰痛がなければこうした生活はなかったのかもしれませんが、結果的にはいい経験になりました。

5.社会人になって三段腹に(M・Nさん 20代男性)

私は大学生の頃は身長175cmで体重60kg弱でした。三段腹なんて遠い存在でした。

しかし就職をして10年くらいすると不規則な食生活が災いして段々と太ってきました。

スーツも新しく購入しなければなりませんでした。10着くらいは必要なので50万円くらいの出費です。50万円もあれば趣味に使うことが出来たのに残念でが仕方ありません。

その後も不規則な食生活を続けていたので、気づいてみれば立派な三段腹になってしまいました。

ベルトにお腹の肉が乗るようになってしまいました。営業と言う職柄人と合うことが当たり前で、印象が悪くなってしまうので一念発起してダイエットに取り組むことにしました。

ダイエットを開始

ダイエットと言っても知識があるわけではないので、まずは食事の量を調整しました。

お昼ごはんはいつも外食でしたが、好んで食べていた大盛りを止め、普通サイズで我慢するようにしていきました。

お昼だけでいいと言うわけでありませんから、夕食の量も少し減らしました。いつもは茶碗に2杯食べていたご飯を1杯にしてみました。

それでも三段腹は無くならずにいました。その生活を始めて3ヶ月くらいするとようやく効果が現れてきました。

ズボンが少し緩くなってきました。それでもまだまだ三段腹は変わりませんでした。しかし効果があったことが嬉しくて続けることができました。

ジョギングを始めた

不思議なもので体重が減ってくると体を動かしたくなってきました。

そこで日中は仕事があるので無理なのですが、休みの2日間だけジョギングをすることにしました。1日10kmくらいを45分くらいかけてゆっくり走りました。

最初は続くかなと自分自身も不安でしたが、週に2日間だけなので何とか続けることが出来ました。

ジョギングは週に2日だけなのであまり効果がありませんでした。

そこでもっと走る機会を増やそうと思い、仕事のある日にジョギングをし仕事がお休みの日はジョギングもお休みするようにしました。

1週間で5日、1日10km走るように生活リズムを変えたら自然と早起きになりあまり摂らなかった朝食も摂るようになり、より健康的なリズムになってきました。

ダイエットを意識して6ヶ月くらいすると目に見えて三段腹が解消されてきて、嬉しかったのを今でも覚えています。

まだポッコリしているもののお腹の段々がなくなりました。食生活と朝のリズムを整えることで15kgくらいの減量に成功したのです。

やはり生活リズムは大切だなあと感じました。

もう少し痩せれば学生時代の姿に戻れるので、この習慣を続けていこうと考えています。

6.食べ残し厳禁の癖が抜けずに三段腹に(M・Iさん 20代男性)

私には、現在二人の子供が居ます。一人は小学校の高学年で、もう一人は幼稚園に通っています。

下の子供は上の子供の真似をして、いつもご飯やおかずを多くして欲しいと要求してきます。

食事を残す息子のせいで・・・

当然、食べきれるはずも無く残すことになるのですが、残飯にするのは、折角作ってくれた嫁に申し訳ないと思い、残り物を全部食べる役目になっています。

子供を持っている家庭ではよくあることだと思います。

もちろん、それは外食したときも同じで、お子様ランチを頼んでくれれば良いのですが、何回言い聞かせても普通のものを頼んでしまい、結局残すことになり私が始末することになるのです。

そのため、上の子供まではそれほど気にならなかったお腹周りの贅肉がだんだんと成長し、見事な三段腹になりました。

もともと自分はどちらかと言うと痩せているほうでしたが、ここ数年で体重は15キロも増えてしまい、仕事の作業服も大きいサイズを頼まなければいけなくなりました。

そして、小学校の参観会や運動会などに参加すると、周りのお父さんたちは痩せている人が多く、だんだんこの体型が恥ずかしくなってきたので、やれるところから実践して痩せていこうと頑張り始めました。

しかし、下の子供が食べ物を残すのは変わりなく、自分のご飯を少なくしたりしてコントロールしています。

家で食べるときはそれでよいのですが、外食となると、なかなかそういうわけには行かず、結局残ったものを食べるしかなくなります。

貧乏性というか、なんと言うか、出されたものは基本的に残さないようにと親に育てられてきたので、少しでも残さないようにと多少無理をしてでも食べきってしまう癖が付いています。

その癖がダメなのだと思いながら、でも食べ物を粗末にすることは悪いことだと子供にも教えたいので、頑張ってしまいます。

運動はしているも効果は微妙・・・

ウォーキングや徒歩通勤も実施していますが、食べ過ぎと運動が相殺されてしまい、ほとんど効果が出ていません。

どちらかと言うと、今の三段腹が成長していかないように、維持するために運動をしているような感じになっています。

下の子供が大きくなるころには、私の新陳代謝が落ちてきて、運動しても痩せにくくなることが簡単に想像できるので、今の内に運動量を増やしたり、食事量をもう少し減らす工夫をして長期間で無理なく痩せて、三段腹解消を目指したいと計画しています。

幸いにして、嫁もダイエット実行中なので、夫婦二人で少しずつ痩せていければと思います。二人で力を合わせて三段腹解消目指して頑張ります。

7.お腹回りだけ異様に太い(H・Uさん 40代男性)

私の体型は世間一般的に見れば、細身に属するかと思われます。手足はかなり細いですからね、周りの友人たちも誰も私の事を太いとは思っていないようです。

だけどね、それは衣類を着用していればの話であって、実際にはとんでもない体型の持ち主なんですよね。

と言いますのも、お腹周りにものすごい脂肪が蓄積されていまして、いわゆる三段腹状態になっているのです。

横腹を軽くつまめば、ビックリするくらいの脂肪を確認することが出来ます。しかも、よくよく観察してみると、お腹の脂肪が弛んでおり、もうシワシワ状態になっちゃってるんです(悲)。

これが(前述したように)一見細身な体型だけに、ものすごいギャップを生み出すのです(なんだか昆虫みたいな体型をしています)。

ちなみに、つい先日久しぶりに地元の友人たちと温泉旅行に行くことになったのですが、その際、旧友たちからギョッとされてしまいました。

「え?何そのお腹」みたいな感じで、それはそれは驚いた表情をしていました。そりゃそうですよねえ。

全体的に太っているのならば別に何とも思わないでしょうが、お腹だけがやたらと太っているとなれば、どうしたって目が行ってしまいますよね。

原因は過度なダイエット

でね、なぜこんな体型になってしまったのかを自分なりに考えてみたところ、過度なダイエットが関係しているような気がするんですよね。

どういうことかと言いますと、私はつい1年くらいまで、いわゆるメタボ体型でして、健康のことを考えていざダイエットに取り組むことになったのです。

やると決めたならば徹底する性格が奏功し、減量自体は非常に順調に進んでいきました。大体3か月ほどで、20キロの減量に成功しましたよ。

とまあ、このように劇的なダイエットに成功したわけですが・・。どうやら私が実践したダイエットに問題があったようです。

過度な食事制限でもって、短期間のうちに減量したもんだから、脂肪だけが残ってしまったのです。今になって思うのは、食事制限と並行して筋トレも実践してくればよかったという事です。

ですから、今現在せっせと腹筋運動に取り組んでいるところですが・・、ここまで弛んでしまったお腹を鍛えるのは容易ではありません。

変な話、食事量を大幅に増やして、もう一度太ろうかななんてことも頭をよぎっているほどです。

そうやって、一度体型をリセットして、今度こそ筋トレと並行して減量に取り組むべきなのではないでしょうか。

身体にはかなりの負荷がかかるでしょうが、今のままでは、なかなかこのシワシワ状態の三段腹は解消しないような気がします。

シェアをお願いします。